TBWA\HAKUHODO\QUANTUMが Googleの「Cloud Platform」が利用できる スタートアップの開発環境支援を開始

05 November 2014

株式会社TBWA\HAKUHODO (本社:東京都港区、代表取締役社長兼 CEO: 座間一郎)が立ち上げた新組織「TBWA\HAKUHODO\QUANTUM(以下クオンタム)」は、“革新的なインターネット・オブ・シングス(IoT)の創出”を中核テーマとしたコーポレート・アクセラレーター運営サービス「\QUANTUM Accelerator(クオンタム アクセラレーター)」に参画するスタートアップ企業を対象に、グーグル株式会社の「Cloud Platform」が利用できる開発環境支援プログラムを開始いたしました。TBWA\HAKUHODO\QUANTUMによる開発環境支援プログラムは、すでにアマゾン データ サービス ジャパン株式会社、さくらインターネット株式会社、日本マイクロソフト株式会社の3社協力のもと開始しており、グーグル株式会社が提供する「Cloud Platform」への対応は4例目になります。

 

「\QUANTUM Accelerator(クオンタム アクセラレーター)」協力企業と特典内容:

 

【グーグル株式会社】
「Google Cloud Platform」の特別利用クレジット(1社500ドル分)の発行と技術サポート。

 

■\QUANTUM Accelerator(クオンタム アクセラレーター)について
大企業とスタートアップによる共同事業開発モデルであるコーポレート・アクセラレーター運営サービスを主軸とした「スタートアップの革新的な技術やアイデア」と「大企業のパワー」の共創による事業開発の包括的な支援を行います。
また、TBWAのグローバルネットワークや博報堂グループの知見を生かし、スポンサーとなる大企業とプロジェクトに参画するスタートアップの双方に精通したプロジェクトマネージャーによる運営、経験豊富なデザイナーやエンジニアを含む多様なクリエイティブ人材やグロースハッカーチームによるサポートを提供します。
\QUANTUMは、大企業とスタートアップ企業の連携は日本にイノベーションの生態系を構築する上での重要なテーマの一つと考え、様々な提携を推進しいくために、スタートアップ企業を対象とした支援サービスを今後も展開していきます。

 

プレスリリースはこちらから

 

\QUANTUMについてはこちらから