高島屋 – 雨をまとう浴衣

youtube.com

OUTLINE

古来から日本人は、
微妙に異なる表情を見分け、
雨に様々な名前をつけてきました。

 

現代のテクノロジーを駆使することで、
日本人の繊細な感覚を浴衣の模様として定着できないだろうか?
そんな発想から「雨をまとう浴衣」は生まれました。

 

霧のように細かく広がる「霧雨」。
竹のように細く鋭い「篠突く雨」。
群れとなって一気に降る「村雨」。

 

デザインした模様をアクリル板にレーザーで刻み込み、
できた溝に手作業で一粒ずつ水滴を垂らして撮影。
一粒一粒すべてが異なる輝きを放つことで、
かつてない繊細な雨の模様が完成しました。