TBWA\HAKUHODO\QUANTUM、パリ、台北、サンフランシスコを拠点とするベンチャーキャピタルHardware Clubとハードウェア関連スタートアップ企業の海外進出支援・事業開発支援プログラムを開始

06 January 2016

株式会社 TBWA\HAKUHODO (本社:東京都港区、代表取締役社長兼 CEO: 佐藤雄三)内で新規事業を手がける「TBWA\HAKUHODO\QUANTUM(以下クオンタム)」は、パリ、台北、サンフランシスコを拠点として、有望なスタートアップ企業への投資を行うHardware Club(本社: パリ、代表 : アレクシス・ウースー)と、スタートアップ企業の海外進出ならびに事業開発支援プログラムを開始します。

Hardware Clubは、2014年に、アレクシス・ウースー、バーバラ・ベルヴィジが設立した、世界的規模でハードウェアスタートアップ支援を行い、またアーリーステージのスタートアップへ投資を行なうグローバルプラットフォームです。日本市場進出にあたっては、日本企業とのビジネス経験豊富な、ジェネラルパートナー兼ハードウェアリーダーのジェリー・ヤン氏を中心に、万全かつ精細な体制で展開を進めています。

 

このプログラムを通じて取り組む主な活動:
1)海外のスタートアップ企業の日本進出支援
2)日本のスタートアップ企業の海外進出支援
3)日本の大手企業と海外のスタートアップ企業の協業支援

 

ジェリー・ヤン氏はこのプログラム設立について次のようにコメントしています。
我々は、日本をハードウェアスタートアップにとっての市場、および将来的な投資対象となるスタートアップを発掘する上で非常に重要視しています。さらに、我々が投資するアメリカやヨーロッパのスタートアップにとっても、日本はとても重要な市場です。また、日本の投資家と共にアーリーステージにおいて出資を行なうことで、さらにスタートアップの成長を加速させたいと考えています。また、我々は、投資家として、エンジニアリングやデザインを得意とし、また顧客重視姿勢を持つ日本のハードウェアスタートアップに大きな期待をしています。クオンタムと共に、日本そして世界における双方にとって長期的に有益な関係を築いていくことを楽しみにしています。

 

TBWA\HAKUHODO\QUANTUMアクセラレーター事業責任者 井上裕太は次のようにコメントしています。
北米・ヨーロッパ・中国のスタートアップに幅広いネットワークを持つHardware Clubと提携できたことをたいへん嬉しく思います。これにより、クオンタムが培ってきたIoT時代のプロダクト・サービス開発に加えて、海外進出支援を狙う日本の大企業・スタートアップを製造・流通まで含めてより強力に支援することが可能になりました。

 

■ Hardware Club について

Hardware Clubは、ハードウェアスタートアップを世界的規模で成長させるための世界初のプラットフォームです。世界で最も有望なスタートアップをメンバーへと招待し、製造や商流などのハードウェア展開における重要なネットワークなどの支援をします。また、Hardware Clubには投資部門があり、シード期以前のチームからシリーズAラウンドのスタートアップまでを投資対象としています。
Hardware Clubのメンバーは、世界各地でHardware Clubが実施するイベントとの連携や、 150人以上のハードウェア企業のファウンダーが集まるコミュニティへの参加、それにHardware Clubが提携する製造業、商流、その他の業者へのパイプラインとその活用のためのオンラインプラットフォームを活用といったメリットを得ることができます。Hardware Clubは、ハードウェアビジネスの展開においてかつてない規模の提携を含む革新的な支援を行っており、そのネットワークは、製造面ではFoxconn、Jabil、CompalやQuanta Computerなど、また商流面ではAmazon、Target、Media-Saturnといったそれぞれの業界を牽引する企業との提携がすでに整っています。

 

TBWA\HAKUHODO\QUANTUMウェブサイトはこちらから
プレスリリースはこちらから