TBWA\HAKUHODO\QUANTUMとTECHFUNDが業務提携 〜ソフトウェアからハードウェアまでをあつかう起業家支援プログラムで連携〜

16 March 2015

株式会社 TBWA\HAKUHODO (本社:東京都港区、代表取締役社長兼 CEO: 座間一郎)が立ち上げた新組織「TBWA\HAKUHODO\QUANTUM(以下クオンタム)」は、株式会社 TECHFUND(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:川原ぴいすけ、松山雄太)と、起業家支援プログラムにおける業務提携を開始いたしました。

今回の業務提携では、クオンタム運営の「\QUANTUM Accelerator」と、TECHFUND運営の「SUNRISE Program」の、両者の持つノウハウやリソース等を共有することで、起業家やスタートアップ企業支援の基盤をより強固にすることを目的としています。

それぞれが運営するプログラムにおいて、クオンタムは、おもにハードウェア及びセンシングや、大企業とのマネジメントのノウハウを提供し、TECHFUNDは主に ITソフトウェア領域の技術やリーンスタートアップのノウハウ等を提供いたします。

■ TECHFUND について
『起業家をメジャーな職業にする』というビジョンを掲げた、業界最高峰の技術者集団です。米国シリコンバレーでは、Google やFacebook のトップエンジニアが起業家のサービス開発を手伝う対価として株式を引き受けることがあり、そのような株式を『Sweat Equity(=スウェットエクイティ:共に走ることで得た株式)』と呼びます。当社は起業家への技術投資活動を企業として世界で初めて開始し、Sweat Equity を組織的に引き受けている唯一の企業です。10月9日に株式会社を設立し、これまでに約150人の起業家との面談、約35チームとの継続的なやり取り、5社の投資実績があります。一人一人の起業家の事業を軌道に乗せることに加え、2015 年末 までに支援先 50 社を達成することを目指して参ります。

■ SUNRISE Program について
SUNRISE Program は、スタート前(=トライアルラウンド)の起業家のアイデアを、リーンスタートアップの考え方に立脚した独自ノウハウと技術の直接的な提供(=技術投資)に よって形にすることを目的とした、88 日間の起業家支援プログラムです。プログラム卒業時には、起業家チームが自走し、ベンチャーキャピタル等から資金調達が可能な状態となることを一つの目標にしています。TECHFUND は、徹底した伴走と一連の提供価値に見合う株式5%を引き受けます。

■ TBWA\HAKUHODO\QUANTUM(クオンタム)について
大企業とスタートアップによる共同事業開発モデルであるコーポレート・アクセラレーター運営サービスを主軸とした「スタートアップの革新的な技術やアイデア」と「大企業のパワー」の共創による事業開発の包括的な支援を行います。また、TBWA のグローバルネットワークや博報堂グループの知見を生かし、スポンサーとなる大企業とプロジェクトに参画するスタートアップの双方に精通したプロジェクトマネージャーによる運営、経験豊富なデザイナーやエンジニアを含む多様なクリエイティブ人材やグロースハッカーチームによるサポートを提供します。
クオンタムは、大企業とスタートアップ企業の連携は日本にイノベーションの生態系を構築する上での重要なテーマの一つと考え、様々な提携を推進していくために、スタートアップ企業を対象とした支援サービスを今後も展開していきます。

 

SUNRISE PROGRAMについてはこちらから
プレスリリースはこちらから
\QUANTUMウェブサイトはこちらから