TBWA\HAKUHODOが日経ニューオフィス賞で3度目の受賞さらに進化したオフィスで広告の領域を超えたビジネスを展開大企業とベンチャーの協業を創出

29 August 2014

株式会社TBWA\HAKUHODO (本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO: 座間一郎)は、第27回日経ニューオフィス賞で「関東ニューオフィス奨励賞」を受賞しました。同社は、設立の翌年となる2007年に「経済産業大臣賞」と「クリエイティブ・オフィス賞」、オフィスを拡張した2012年にも「ニューオフィス推進賞」を受賞しており、今回の受賞が3度目の受賞となります。

 

株式会社TBWA\HAKUHODOは、新組織「TBWA\HAKUHODO\QUANTUM(クオンタム)」を立ち上げ、大企業とベンチャーが協業により新事業を生み出すプラットフォームを提供するサービス「\QUANTUM Accelerator (クオンタムアクセラレーター)」を開始しました。これは、広告会社の領域を超える新規ビジネスであり、日経ニューオフィス賞を受賞した新オフィスで提供されるサービスです。今年3月に竣工となった新オフィスは、あえて不完全さを残した遊びのある内装空間で、アイディアをすぐ形にできる工房も設置、ベンチャー企業のイノベーションをサポートします。また、提携先候補となる企業の担当者が来訪した際は、アイディアを創出するスペースから工房でアイディアが形となるまでの全プロセスを一望できるように設計されています。また、プロジェクトメンバーが、設計から施行の一部に参加したDIY空間でもあります。

 

Websiteはこちらから

 

日経ニューオフィス賞について

この賞は、1988年より社団法人ニューオフィス推進協議会(現 一般社団法人ニューオフィス推進協会)と日本経済新聞社との共催で、経済産業省・日本商工会議所の後援を得て毎年実施されています。当賞は、その年に全国から応募のあったオフィスの中から、特に「ニューオフィス」の模範となる先進的なオフィスを表彰し、公表することによって「ニューオフィス」のあるべき姿を社会に広く、かつ具体的に提供し、「ニューオフィス」づくりの普及・促進を図ることを目的としています。

 

プレスリリースはこちらから